ワインの飲み頃温度がわかる温度計アプリ
日本語版開発のクラウドファンディングを開始
〜スマホとワインの温度計を日本へ〜
 

クラウドファンディング専門サイト「Makuake(マクアケ)」で、
スマホと繋がるワインの温度計『Kelvin(ケルビン)』の日本語版アプリ開発に向けて、
2016年4月19日(火)から7月29日(金)までクラウドファンディングの受付を開始いたしました。

 

「Kelvin(ケルビン)」とは?

ワインごとに『飲みごろの温度』があること、知っていますか?

Kelvin (ケルビン)は、イギリス発の「ワインの温度計」
ワインボトルにKelvin を装着しBluetoothで専用アプリと繋ぐと、ワインの温度がアプリで確認でき、
さらにそのワインが一番美味しく飲める温度になると、アラートで知らせてくれます。

実はワインには、ブドウの種類や産地によって、一番美味しく飲める温度が異なります。(※【ワインの温度管理について】段落参照)
Kelvin(ケルビン)には、100種類以上のワインの適温情報が登録されており、それをもとに、ワインが一番美味しく飲める温度になると
「適温になりました!」とアプリがアラートで教えてくれます。
(※2016年10月日本語アプリリリース予定のため、実際の表記は日本語になります。)

Kelvin(ケルビン)があれば、ワインが冷えたか冷蔵庫になんども確認しにいく手間も、
うっかり白ワインを冷やしすぎてしまうこともなくなります。
アプリが適温を教えてくれるのを待っているだけ。それだけで一番美味しい状態でワインが飲めるようになるのです!

 

ワインの温度管理について

ワインを美味しく飲むために、一番大切なのは『温度』!

ワインの保存には温度管理が非常に重要になりますが、
実は、保存に適した温度と、飲んだときに美味しいと感じる温度は違います。

たとえば赤ワインの場合、飲み頃の適温は13~18度。
それよりも低いと渋みが強く感じられ、逆に高温になるとフルーティさがなくなってしまいます。

さらに、ブドウの種類や、産地によっても適正温度は異なってきます。
同じ白ワインでも、アイスワインやカヴァなど甘口の白では7〜10度が適温なのに対し、
辛口の白(シャルドネやシャブリなど)では、10〜15度が適温。

 

使用方法

Kelvin(ケルビン)の使い方をご説明します。

 

利用シーン

さまざまな場面でKelvinは活躍します。

デートシーンで。
ワインの温度管理に気を取られることなく、パートナーとの時間を過ごせます。

屋外パーティーでも大活躍!
おしゃれで機能的なKelvin(ケルビン)があれば、パーティはもっと盛り上がる!

ワイン会やホームパーティー。
おしゃべりに夢中になっても大丈夫!Kelvin(ケルビン)がお知らせしてくれます。

親しい友人たちとのひととき。
会話もワインも心から楽しみたいですね。

 

スペック

 

海外のレビュー

 

Jancis Robinson (世界的に著名なワインの評論家)

温度

温度はワインを提供するうえで、ただ一つの最も重要な要素である。
冷たすぎたりぬるすぎたりすることにより、ワインの味は著しく変化する。
私の経験では、赤ワインは温かすぎるし白ワインは冷たすぎる事が多く、それによりワインにとって極めて重要な香りを楽しむことが難しくなるのだ。

 

Temperature

This is the single most important aspect of serving wine.
You can change completely how a wine tastes by serving it too cool or too warm.
In my experience, many reds are served too warm and whites are often served so cols that it is difficult to smell their all­important aroma.


jancisrobinson Web:http://www.jancisrobinson.com/

 

Jesse Becker(マスターソムリエ)

「わたしはワインを提供するとき、理想的な温度で提供する事を常に信用されている一人ではあるが、ああ、Kelvinは何て画期的なんだろう
簡単に「短く抜粋して」こう言いたい。
Kelvinはワインを提供する際の一番重要な課題である「温度計測」のあてずっぽうをなくす。」

ジェシー・ベッカー マスターソムリエ(世界の著名ソムリエ180人のうちの1人)

 

“I'm someone who has always believed in serving wine at its ideal temperature but, wow, what a huge difference Kelvin makes.
If you’d like a succinct “sound bite” I might just say:
Kelvin takes the guesswork out of the most important tasks of wine service:gauging temperature.”

Jesse Becker, Master Sommelier (one of only 180 in the World)